アルビン/歌うシマリス3兄弟

世界中で大人気の3兄弟が、ついに日本で映画館デビュー!

 歌って踊る3匹のシマリス、アルビン、サイモン、セオドアが全米でスクリーンに登場するや、映画館に観客が押し寄せた! 映画『アルビン/歌うシマリス3兄弟』はオープニング4週連続TOP5にランクイン、全米興行成績は2億1千万ドルを突破、『ライラの冒険/黄金の羅針盤』や『レミーのおいしいレストラン』の歴代興行成績を超える驚異の大ヒットを記録したのだ。次々流れるヒットナンバーとノリのよい新曲に、3世代に渡る観客たちがリズムを刻んで楽しみ、ほっとあったかいストーリー展開に感動の拍手を贈った。そのスーパー・エンタテインメント・ムービーがいよいよ日本に上陸する!

 「何より、アルビンたちがいつでもフレッシュでいて欲しい」とのプロデューサーの意向により、実写とCGIを組み合わせた映像が誕生。実写の中で動き歌うアルビンたちは、まるで現実に実在するかのような存在感がある。
 主演のデイブ・セビルに扮するのはジェイソン・リー(『あの頃ペニー・レインと』、『バニラ・スカイ』)、陰謀家のレコード会社プロデューサーにはデビッド・クロス(『メン・イン・ブラック』)、デイブの元彼女役には新星キャメロン・リチャードソン。アルビン、サイモン、セオドアの声を担当するのは、それぞれジャスティン・ロング(『ダイ・ハード4.0』)、マシュー・グレイ・ガブラー、ポップス界でも話題のジェシー・マッカートニー。

 監督はティム・ヒル(『ガーフィールド2』『スポンジ・ボブ/スクエアパンツ』)、脚本はベテランのジョン・ヴィッティ(『ザ・シンプソンズMOVIE』)とウィル・マクロブ&クリス・ヴィスカルディ、プロデューサーは「アルビンとチップマンクス」の生みの親であるロス・バグダサリアンの息子、ロス・バグダサリアンJr.である。

 監督のティム・ヒルは「ぼくたちが伝えたいのは、3匹と1人という新しいファミリーが生まれる、心温まる物語だ」と、説明する。スタッフはアルビン、サイモン、セオドア、そしてデイブの“感情面”を重視した。実写の中で動く、アルビンたちシマリスの仕草は掛け値なくかわいらしく、愛らしい。が、彼らが歌い踊りだすと、その場は一瞬にしてライブ会場に早変わり。今まで聞いたことがない、シマリスたちの声と歌、ノリノリ♪のゴキゲンサウンズに思わず、見ているものも、体が動き出してしまう。それもそのはず、彼らの音楽は多くのグラミー賞に輝くほどの実力の持ち主なのだ。


 アルビンたち3兄弟はまぎれもなく、現代の多感な子どもそのもの。お菓子やおもちゃ、TVやゲームも大好きだ。遊び盛りの3兄弟が、デイブの家の中をめちゃくちゃにしていく様子は圧巻。きっと観客の子どもたちはワクワクして、フラストレーションを発散するにちがいない。でも、多くの子どもたちがそうであるように、アルビンたちも本当に欲しいものはただひとつ。それは温かで、やさしくて、心から安心できるもの。ジェットコースターに乗り込んだような、愉快でノリノリのストーリーのラストには、誰もが温かな気持ちになれる展開が待っている……。
 歌って、踊って、体も心もあったかくなれる、人気キャラクターの新感覚のエンタテイメント・ムービーなのだ!

foxAlvin and the Chipmunks Characters TM & © 2007 Bagdasarian Productions, LLC. All rights reserved.
© 2007 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
本サイトをご利用になる前に、本サイトのプライバシー方針利用条項をお読みください。