この映画の原作小説を著したシンプソンは、その後『The Lost Father』と『A Regular Guy』を出版して高い評価を受けている。また、パリ・レビュー、ハーパーズ、グランタ、プロウシェアーズ、アイオワ・レビューなどの紙誌に短編を掲載し、これらは『The Best American Short Stories』や『Best New American Fiction』などに所収されている。

彼女はこれまで、グッゲンハイム奨学金、ホワイティング賞、ライラ・ウォレス・リーダーズ・ダイジェスト賞ほか数々の文学賞を受賞しており、 98年にはグランタ誌によって40歳以下のアメリカの作家ベスト20の一人に選ばれた。その著作は14の言語に翻訳されて世界で愛されている。

現在はバード・カレッジで語学と文学の講座を担当している。