▼見たいキャラクターの名前を選んでね
■主人公“エル”の魅力

【リーズ・ウィザースプーン】
「誰にでも人生の中で立ち止まり、自分について考える瞬間があると思うけど、エルは、彼女の特別なスピリットで、誰もが自分の恐怖を克服し、自分なりの成功を収めることができると証明してみせたのよ。プラトンやソクラテルの知識によって成功する人もいれば、ポルシェやクリニークに関する知識で成功する人もいるわ。大事なのは、自分の持てるものを活用し、自分を信じることなの」

【マーク・プラット(プロデューサー)】
「この物語が好きなのは、とにかく愉快でセクシーであると同時に、力強いところだ。世間は、エルを見てブロンドの美人だと思うが、それ以上を期待しない。いっぽうのエルは、自分を含めて誰のことも決め付けない。彼女はホンモノのオープンな心を持った現代のヒロインなんだ」

【カレン・マックラー・ラッツ&キルステン・スミス(脚本)】
「エルは、自分が想像した以上に人生で多くのことを達成できるタイプの人間なの。彼女が自分の殻を破るのはエキサイティングだわ。この物語を通じて、彼女は、自分らしく生きながら勝利をおさめることができることを学ぶの」

■“リーズ・ウィザースプーン”の魅力

【ロバート・ルケティック(監督)】
「彼女が役に自分を投入する姿を見るのは感動的だった。彼女はビバリーヒルズに出没し、女性たちがロブスター・サラダを食べるのを観察し、美容スパに通い、主人公の信じがたい個性を魅力へと変える方法を身につけたんだ。」

【ジョイ・ザパタ(ヘアスタイリスト)】
「ラッキーなことに、リーズの髪は驚くほど豊かで太いブロンドだった。だから、何でも自分のやりたいことがトライできたわ。リーズはリーズとしてトレーラーに入って来る。その髪型を、パメラ・アンダーソン風、ジャンニ・ベルサーチ風などの極端なスタイルにする。すると、リーズがエルに変わってしまうの。あっという間にね」
髪の色 生まれつきのブロンド
住まい 高級住宅地ベル・エア
(「ビバリーヒルズ青春白書」のプロデューサー、アーロン・スペリングはお向かいさん)
恋人 ワーナー・ハンティントン3世
星座 双子座
食生活 ベジタリアン
ペット チワワのブルーザー(双子座でベジタリアン)
好きな色 ピンク
落ち込んだときの
気分転換
マニキュアとペディキュア
大学 CULA (California University at Los Angels)
※UCLA (University of California at Los Angels) カリフォルニア大学ロサンゼルス校とは別の大学
専攻 ファッション販売促進で学士号取得/研究テーマ『水玉模様の歴史』
成績 オールA
タイトル 女子社交クラブ“デルタ・ヌウ”会長/同窓会の女王/男子社交クラブのアイドル
その他 ●リッキー・マーティンのミュージック・ビデオに出演経験あり
●コッポラにハーバードへのビデオ論文制作を依頼
リース・ウィザースプーン
 1976年3月22日、アメリカ・テネシー州ナッシュビル生まれ。
 7歳の頃からTVコマーシャルに出演していたリーズは,91年、青春ドラマ「マン・イン・ザ・ムーン/憧れの人」(91/V)で映画デビュー。96年、オリバー・ストーン製作の「連鎖犯罪/逃げられない女」(96/V)での演技で絶賛を浴びる。この映画はサンダンス映画祭でプレミア上映され、スペインのカタロニアン国際映画祭では最優秀女優賞を獲得した。

 その後、「カラー・オブ・ハート」(98)で、1950年代の世界に紛れ込む兄妹をトビー・マグワイヤと演じ、コミカルな才能を示す。

 99年、ラクロの小説「危険な関係」を現代に置き換えた「クルーエル・インテンションズ」(99)に出演したリーズは、ライアン・フィリップ演じるプレイボーイの心を掴む、清純な娘を演じた。この作品でも共演が夫ライアン・フィリップとの出会いだと思われがちだが、97年にリーズの21歳のバースディ・パーティにふらりとやってきたライアンと恋に落ちたというのが本当。99年6月5日にサウス・カロライナ州チャールストンで結婚、同年9月9日に長女エヴァ・エリザベスを出産。同じビルの中に、夫婦でそれぞれ自分の映画製作会社を持っているしっかりしたカップルだ。

 アレクサンダー・ペイン監督のエッジなコメディ「ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!」(99/V)では生徒会長に立候補する女子生徒を演じ、全米映画批評家協会の主演女優賞を獲得し、ゴールデン・グローブ賞他多くの賞にノミネートされた。

 以降、「完全犯罪」(99)、クリスチャン・ベールとの「アメリカン・サイコ」(00)、「リトルニッキー」(00)などに出演。人気TVシリーズ「フレンズ」にもレイチェルの妹のジル役で顔を出している。新作はルパート・エベレット、コリン・ファースらと共演するオリバー・パーカー監督作品の“The Importance of Being Earnest”(02)。
▼その他のキャスト・プロフィールはこちらから
TM and 2001 Fox and its related entities. All rights reserved.
2001 METRO-GOLDWIN-MAYER PICTURES INC.
本サイトをご利用になる前に、本サイトのプライバシー方針利用条項をお読みください。