エル・ウッズ(リーズ・ウィザースプーン)は、ベル・エア育ちの天然ブロンド娘。ファッション販促を専攻する大学の成績は優秀で、大学一の人気者。自分を磨く努力を惜しまず、日夜ブロンド研究にいそしむ彼女は、100%ビバヒル・ライクな人生をエンジョイしていた。そんなエルが何よりも心待ちにしていたのは、政治家をめざす恋人ワーナー(マシュー・デイヴィス)のプロポーズの言葉。しかし、運命のデートの日、ワーナーが切り出したのは、予想外の別れの話だった。「君はあまりにもブロンドすぎる。議員の妻にマリリン・モンローはふさわしくない」

まさかの展開に、目の前が真っ暗になるエル。と思いきや、根はあくまでもポジティブなエルのこと。ハーバードのロー・スクールに進学するワーナーが、そこで花嫁候補を見つけるつもりだと気づいた彼女は、自分もハーバードに入ってワーナーとヨリを戻そうとファイトを燃やす。エルは友人の応援を背に日夜猛勉強を開始。その甲斐あって見事、ハーバードロースクールの合格通知を手にした。
●元気印のブロンドGIRL
●カリフォルニアCULA大学の女子社交クラブ“デルタ・ヌウ”会長
●TVの「ビバリーヒルズ青春白書」から抜け出したような生活

恋人のワーナーに突然フラレる
理由は「ブロンド娘は軽すぎる」

猛勉強のすえ彼を追ってハーバード・ロー・スクールへ入学
TM and 2001 Fox and its related entities. All rights reserved.
2001 METRO-GOLDWIN-MAYER PICTURES INC.
本サイトをご利用になる前に、本サイトのプライバシー方針利用条項をお読みください。