ドラムライン ストーリー
text_bk
イントロダクション ストーリー キャスト&スタッフ 予告編動画 プロダクションノート サウンドトラック
公開表記
FOX ロゴ TM and (C) 2003 Fox and its related entities. All rights reserved.
本サイトをご利用になる前に、本サイトのプライバシー方針利用条項をお読みください。
Up Down Drag
 ニューヨーク、マンハッタンのハーレム。ここに住むデヴォン・マイルズ(ニック・キャノン)は、別れて暮らす父親の音楽の才能の血を引き、マーチング・ドラマーとして天才的な才能を持っている。アトランタにあるA&T大学のマーチング・バンド部を率いるリー監督(オーランド・ジョーンズ)は、その才能に目を付け、デヴォンを音楽特待生としてA&T大学にスカウトする。

 A&T大学には、優秀なマーチング・ドラム部がある。マーチング・ドラム部は、スポーツ競技のハーフタイムの12分間に、華麗なドラム・テクニックと豪快なパフォーマンスと一糸乱れずにバックアップする楽器類で、優勝と名誉と青春を賭け、今年も最大のライバル校モーリス・ブラウン大学との対決が控えていた。デヴォンは、入部早々に天才的なスネア・ドラムのテクニックを披露し、同級生のチューバ奏者チャールズ(アール・C・ポワティエ)や、白人のバス・ドラム奏者のジェイソン(GQ)、黒人のスネア・ドラムとバス・ドラム兼任のアーネスト(ジェイソン・ウィーヴァー)たちを圧倒、存在感をアピールする。

 しかし、デヴォンには性格に問題があった。明るく母親思いのやさしい性格である一方、自分の才能に溺れ、自信過剰でうぬぼれが強く、自己中心的なのだ。そんなデヴォンの性格を、入学早々にデヴォンにナンパされた上級性のレイラ(ゾーイ・サルダナ)は見抜き、デヴォンとうまくつき合っていた。だが、特訓が続く部内には支障が生じる。マーチング・ドラムの純粋な音楽性を身上とするリー監督から「バンドは一つ、音楽も一つ」と教えられ、それを実践する上級生のリーダーのショーン(レナード・ロバーツ)は、デヴォンの言動を危険だとみなしていたのだ。

 そして、デヴォンがショーンに盾突いたことから、お互いに正面を向いて相手の顔を直視しながら正確にドラムを叩くという対決で、デヴォンはショーンに勝つ。

 さらに、デヴォンはOBから認められスターティング・メンバーに抜てきされる。ところが、ライバル校との対戦時にショーンから「お前がリードしろ」と挑発され、集団プレイを逸脱したドラム・パフォーマンスを演じ、リー監督を激怒させる。

 また、デヴォンは楽譜が読めないことが発覚。楽譜を読めることがメンバーの条件であるという規則から、リー監督はデヴォンを退部させる。そんな時、音楽性よりハデなパフォーマンスを重視するモーリス・ブラウン大学のマーチング・バンドを率いるウエイド氏(J・アンソニー・ブラウン)が、デヴォンに誘いの手を伸ばす。今年の大会も迫り、デヴォンの心は大きく揺れ動く……。
ドラムライン