ファンタスティックフォーラム
今回、このコーナーに登場していただくのは福澤 朗さん!
いま話題のTV-CM「ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]」VSマジック・ジョンソンの実況中継をしていただきました。
CMや映画の感想を楽しく語っていただきました!



──インタビュアー
今回、映画「ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]」、福澤さんがフリーになって初めてのCM収録を終えて、ご感想は?


──福澤さん
超能力を持った4人組の話ということで、私自身も特別な力を得られた感じがいたしました。楽しく、収録をすることができました。


──インタビュアー
CMの特別映像をご覧になって、感想はいかがですか?


──福澤さん
映画を拝見させていただいたあとに、CMの映像を見ることになったのですが、感動しました。ファンタスティック・フォーの4人と共演しているマジック・ジョンソンが、とても羨ましく思いました。映像のクオリティの高さには本当に感動いたしました。


──インタビュアー
映画「ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]」をご覧になった感想は?


──福澤さん
作品中のあちこちに、昔見たあの話、あの映画のキャラクターなどの原点を感じる部分が多数ありました。原作は60年代のアメリカ生まれということで、この映画には、オーバーかもしれませんが、アメリカ映画の原点が凝縮されていると感じました。 アメリカの価値観すら見えてくる作品でした。


──インタビュアー
映画「ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]」をご覧になって一番お気に入りのキャラクターは?


──福澤さん
インビジブル・ウーマンが個人的にはとても表情も豊かで、美しく気に入っています。
ヒューマン・トーチは、燃えている、熱い感じ、またわがままなキャラクターに共感を覚えました。私自身に似ている感じがしました。


──インタビュアー
自分が能力を持つのであれば、どんな能力が?


──福澤さん
飛べる能力を身につけて、いろいろな場所にいってみたいです。透明人間になって色々な秘密(?)を見てみたい気もします…


──インタビュアー
映画のなかでお気に入りのシーンはありますか?


──福澤さん
ザ・シングと奥様との結婚指輪に関するシーンですね。悲しさを感じましたが、乗り越えて正義の道を選んだザ・シングに感動しました。ザ・シングを中心に4人の精神の葛藤が上手く描かれている作品です。


──インタビュアー
映画の中で特別印象に残ったストーリー、シーンはありますか?


──福澤さん
ヒューマン・トーチが大空に最後のシーンで描くもの。これぞアメリカ映画のスケールを感じる印象的なシーンでした。


──インタビュアー
福澤さんはお子様がいらっしゃるとお聞きしたのですが、お子様にはこの作品はどうご説明されますか?


──福澤さん
Mr.インクレディブルのオリジナルとなっている作品と説明したほうが、子供には分かりやすいかもしれません。ただ、誰でもすんなり楽しめる作品だと思います。


──インタビュアー
この映画「ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]」をどんな方に見ていただきたいですか?


──福澤さん
付き合い始めてまだ間もないカップルに、お勧めしたいですね。お互いまだ話題の少ない時には、この映画は多くの文化の原点になっている作品ですので、話題が弾むこと間違いなしでしょう。
この秋に燃えたいなら、間違いなくこの映画「ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]」が一番、お勧めです。
福澤朗
1963年9月14日、東京都生まれ。
1988年早稲田大学第一文学部卒業。
同年日本テレビに入社。局のアナウンサーとして、視聴者にわかりやすい言葉正しい日本語にこだわりをもつ。
また「ジャストミート」「ファイヤー」など熱き言霊を放つ。報道アナウンサー、バラエティーアナウンサーという枠を越え「テレビ司会者」として新しいジャンルを構築。2005年7月日本テレビチーフ・アナウンサーを経て、フリーアナウンサーに。

現在の担当番組
NTV「エンタの神様」「真相報道 バンキシャ!」

QuickTime
CMを見る
Windows Media Player
CMを見る
Get QuickTimeGet Windows Media Player

バックナンバー
第1回 杉山すぴ豊さん
第2回 福澤朗さん
20世紀フォックス TM(c)2005 Fox and its related entities. All rights reserved.  本サイトをご利用になる前に、本サイトのプライバシー方針と利用条項をお読みください。 MARVEL FANTASTIC4 CLOBBERIN' TIME
利用条項 プライバシー方針 BACK TO TOP