イントロダクション
イントロダクション  『ネバー・ダイ・アローン』は、非業の死を遂げた伝説のストリート系小説家ドナルド・ゴインズの同名小説をベースにした、キング・デビッド(DMX)を主人公に綴られたフィルム・ノアールである。高い評価を得た原作は、ゴインズが殺されるわずか前の74年に書き上げられたものであり、映画化にあたってはジェームズ・ギブソンが脚色している。ゴインズの小説は、その短いキャリアの間に500万部以上の売上を記録し、チェスター・ハイムズ以降、最大の黒人アメリカ都会派作家と呼ばれた。フランスの雑誌「レクスプレス」は彼を、「失われた通りからまっすぐやってきた、閃光の才能」と呼んでいる。
 監督を務めるのは、92年のデビュー作『ジュース』で高い評価を得たアーネスト・ディッカーソン。彼は、スパイク・リー監督の『シーズ・ゴッタ・ハブ・イット』(85)から『マルコムX』(92)までの7作品の撮影監督としても高く評価されている。なお、本作は、主演のDMXの映画製作会社であるブラッドライン・フィルムズが製作する、初めての劇場用長編作品でもある。
ネバー・ダイ・アローン
イントロダクション ストーリー キャスト&スタッフ 予告編
9月25日(土)より、シネマメディアージュにてロードショー
20世紀フォックス映画 TM and © 2004 Fox and its related entities. All rights reserved.
本サイトをご利用になる前に、本サイトのプライバシー方針利用条項をお読みください。