プール3月22日(土) 銀座シネパトスほかにて全国順次ロードショー
INTRODUCTION STORY CAST STAFF TRAILER
写真
Story
 N.Y.郊外の高校に通うベン(ジェシー・ブラッドフォード)は水泳部のスター選手。次の大会で記録を出せば、大学にスカウトされることがほぼ確実だ。ベンを長年、支え続けていた恋人のエイミー(シリ・アップルビー)も、はやる気持ちを抑えられず、高校卒業後は同じ東海岸の大学に進学すると宣言。「ずっと一緒にいよう。」と誓い合った。
 そんな順風満帆に見えたベンの生活に、さざ波を立てた侵入者がいた。南部からやってきた転校生マディソン(エリカ・クリステンセン)だ。大人の色香を漂わす彼女に、学校中の男子が釘付け。ベンも理性に反して、視線はおのずとマディソンを追っていた。帰宅途中、よそ見運転で危うくマディソンを轢いてしまいそうになったベンは、お詫びに彼女を家まで送り届けることに。その時、助手席にマディソンがノートを忘れていってしまった。
 その夜、ノートを届けに行ったベンは、マディソンを夕食に誘った。テーブルに向き合った2人は、自然と身の上話を語り合う。互いの心の中にある闇の部分を明かし合い、親密なムードになってきた2人は、こっそり誰もいない夜のプールに忍び込んだ。

 「嘘でもいいから『愛してる』と言って!」

 マディソンの甘い誘惑に導かれるがまま、唇を重ねたベン。エイミーへの罪悪感に苦悶しながらも、ついに一線を越えてしまった。
 その夜の出来事は一回限りの秘め事のはずだった。だが次の日からマディソンは、積極的にベンに近づいていく。マディソンの妄想は次第にエスカレートしていくのだった……。
TM and (C) 2002 Fox and its related entities. All rights reserved.
本サイトをご利用になる前に、本サイトのプライバシー方針利用条項をお読みください。