ストーリーキャストスペシャル・オリンピックス劇場リスト
リンガー!
2007年4月、シアターN渋谷ほか全国順次ロードショー
ストーリー
  スティーヴ・バーカー(ジョニー・ノックスヴィル)は、ありふれたデスクワークしかやらされていない、ただの“イイ奴”。ところがある日、スティーヴが意を決して上司に昇進を願いでると、彼の願いがあっさり聞き届けられてしまう――!? ただし条件が1つ。それは長年管理人として働いてきたスタヴィ(ルイス・アヴァロス)をクビにすること。スタヴィの精神的ショックを考慮したスティーヴは、彼を個人的に雇うことにするのだが、その決断が裏目に出てしまう。芝刈り作業の事故でスタヴィが指を数本失い入院することに……。  
 
スタヴィの指を救うために、お調子者の叔父ゲイリー(ブライアン・コックス)に相談すると、彼は想像を絶する卑劣で最低最悪のとてつもなくクレイジーなアイディアを思いつく。それは、かつて陸上のスターだったスティーヴが、来たるスペシャル・オリンピックスの大会に“替え玉”として出場し、五種競技で6度の金メダルに輝く史上最高のチャンピオン、ジミー(レオナード・フラワーズ)をうまく破れば、自分はジミーが敗北する方に賭けているので大儲けができるというものだった。

スタヴィのことで良心の呵責に苦しんだスティーヴは仕方なく、この言語道断なプランに乗ることにしたが、上手に知的発達障害者になりすますのは、彼が想像していたよりも遥かに難しいチャレンジだった。まず、彼が恋心を寄せるスペシャル・オリンピックスのボランティア、リン・シェルダン(キャサリン・ハイグル)に自分の障害を信じさせること。自分を悩ます子犬のように騒がしい選手仲間達の友情を得ること。そして何よりも、出場競技の全てに勝つのは到底ムリそうだった。

さらに悪いことには、彼の詐欺行為が、スティーヴの選手仲間達に気づかれてしまう。しかし彼らは、スティーヴの正体をバラす代わりに、自分達でトレーニングしようと決める。彼らは、高慢ちきなジミーを表彰台から引きずり下ろしたかったのだ。仲間達が与えたトレーニング法は、どんなスポーツでも見たこともないものばかり。それでもスティーヴは、新しい友達のために、金メダルを目指してトレーニングに励むのだが――。
 
FOX ロゴ TM and © 2007 Fox and its related entities. All rights reserved.
本サイトをご利用になる前に、本サイトのプライバシー方針利用条項をお読みください。